FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大火でも焼けなかったラッキーな市立函館博物館郷土資料館 旧金森洋物店


前回の記事の続きです

函館博物館郷土資料館
出典:Google Maps

函館博物館郷土資料館
見学しにやってきました

旧金森洋物店とのこと

入館料

入館料は大人100円

函館歴史資料館

当時は品物がぎっしり
陳列していたと思いま
すが舶来品ということ
で珍しかったでしょう

旧金森洋物店

当時使われていた物
など展示してあります

火鉢

火鉢って今では高額で
買えないらしいですね

大火でも焼けなかったラッキーな

函館は何度も大火があ
ったけどここだけは焼け
ないで残ったとのこと。

開かず金庫

テレビ番組で見るような
開かず金庫ですよね~

歴史

明治2年開業とは。函館の
レンガ倉庫に金森と書いて
あるの知ってますか? まさ
にそれなんですよね。凄い

大火でも焼けなかったラッキーな

2階も展示物あります

洋風建物

洋風建物が多く建てられた
模型がまた精巧でびっくり

ジオラマ

ジオラマがありました。当時
は漁業とかで繫盛し物が飛
ぶように売れたんでしょうね

ハイカラな商品

外国と貿易していた函館は
外国商人がハイカラな商品
持ってきて売っていたそう。

蓄音機など聴いた日本人は
さぞびっくりしていただろう。

函館観光って美味しいもの
を食べるだけでなくこのよう
な歴史的エピソードを感じる
場所でもあるので好きです

大火でも焼けなかったラッキ
ーな建物で幸運を分けても
らうのはいかがでしょうか♪

以上、どなたかのお役に立てれば

続きはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村
ペシッ!と一発お願いします(笑)

■市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)
■北海道函館市末広町19-15
■TEL 0138-23-3095
地図
41.766189, 140.712937
(Google maps)
※座標は建物入口にリンクしています

| 北海道観光 | 23時18分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【函館観光】30年以上続く カリフォルニア・ベイビー でシスコライスをいただく!


前回の記事の続きです

カリフォルニア・ベイビー

30年以上も前から営業
しているというカリフォル
ニア・ベイビーというお店
にやってきました。凄く
オシャレな感じがします

30年以上続く

中に入るとネオンサイン
が懐かしい感じがする

カリフォルニア・ベイビー

雰囲気がいい感じ

ランチメニュー

ランチメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

シスコライス

こちらが函館民が愛
してやまないという
名物のシスコライス

ソーセージにかかっ
ているのはカレーで
はなくオリジナルな
ミートソース。うま~

ベーコンエッグライス

こちらは同じソース
でもベーコンエッグ
ライスというもの~

シェアしていただき
ましたがどちらも選
ぶか悩んでしまった

海鮮もいいけどこう
いうソウルフードも
いかがでしょうか~

以上、どなたかのお役に立てれば

続きはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村
ペシッ!と一発お願いします(笑)

■カリフォルニア・ベイビー
■北海道函館市末広町23-15
■TEL 0138-22-0643
地図
41.766016, 140.714690
(Google maps)
※座標は建物入口にリンクしています

| 北海道観光 | 23時48分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【函館観光】青函連絡船記念館 摩周丸 行ってみた


前回の記事の続きです

摩周丸 行ってみた

やってきたのは青函連絡船
記念館摩周丸。入口がわか
らずウロチョロ。迷いました~

青函連絡船

入館料は大人500円。マップ
リンクはこの辺にセットしました

函館観光

階段を上がったここが入口

渡し板

渡し板はこんな頑丈な
ブリッジになってました

歴史

国鉄からJRになったのは
昭和62年4月。青函連絡
船は青函トンネルが昭和
63年3月開業をもって終航

JR時代も経験したんですね

座席

まるで電車の座席みたいです

マリンガール

マリンガールってあったんだ
時代を感じますね~(*^^*)

エピソードパネル

戦争も経験したんですね
こういうエピソードパネル
思わず読んでしまいます

台風第15号の痛ましい事故

台風第15号の痛ましい事故
犠牲者が千人以上出した日
本最大海難事故となっている

無料サロン

サロンとなっていたが昔は
レストランだったと思われる

記念撮影

船長服を着て記念撮影できる

可変ピッチスクリュー

流体継手や可変ピッチスクリュー
こういう展示は好きだなあ(*^^*)

フィンスタビライザー

フィンスタビライザー。横揺れを
防ぐ装置。必要な時に出てくる

操舵室

操舵室にも入ることができました

国際信号旗

国際信号旗。ボート免許の時に
覚えたけどあまり見かけたこと
はない。モールス信号と一緒で
使われなくなったのかな・・・。

二等雑魚寝

あった二等席。昔は早い者順
で場所取りしたそうです。使っ
たことがないのでわからない

ロープ販売

ロープ売ってました。これで
もやい結びとか練習するん
ですよね。家にあるのに買
おうとしてしまいました(笑)

見どころ満載で全部紹介
しきれません。ぜひ実際
に見ていただきたい施設

以上、どなたかのお役に立てれば

続きはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村
ペシッ!と一発お願いします(笑)

■函館市青函連絡船記念館摩周丸
■北海道函館市若松町12番地先
■TEL 0138-27-2500
地図
41.772904, 140.722558
(Google maps)
※座標は建物入口にリンクしています

| 北海道観光 | 21時51分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GoToトラベル対象宿 天然温泉 ホテルパコ函館 に泊まってみた


前回の記事の続きです

ホテルパコ函館
出典:Google Maps

今回の宿はホテルパコ 函館

暖炉に見えるインテリア

ロビーには暖炉に見える
おじゃれなインテリアあり

電子レンジあり

出張で使っている人が
多いのか湯沸かしポット
や電子レンジがあった

売店あり

売店も充実しており、これ
ならホテル敷地内から出
なくても快適に過ごせそう

フォトギャラリー

フォトギャラリーがあり
写真好きとしては自分
としは勉強になり素敵

天然温泉大森の湯

天然温泉大森の湯が
1Fにあり日帰り温泉と
して利用できる模様。

自動販売機価格

自動販売機の値段は
良心的な価格でした

ソーシャルディスタンス

エレベーター内のソーシャ
ルディスタンスって四隅に
向かって立つのか(笑)

ズボンプレッサー

エレベーターホールには
ズボンプレッサーがあり

セキュリティー

鍵はSuicaと同じタッチ式



カードホルダーに入れると
照明が点く。もう定番ですね

GoToトラベル対象宿

ここはGoTOトラベルの対象
宿となっており 35 %引きで
泊まることが可能でしたよ

長くなったので記事わけます

続きはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村
ペシッ!と一発お願いします(笑)

天然温泉 ホテルパコ函館 ←空室検索はこちら
■北海道函館市大森町25番3号
■TEL 0138-23-8585
地図
41.769921,140.735649
(Google maps)
※座標は建物入口にリンクしています

| 北海道観光 | 22時24分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五稜郭の隣 函館市北洋資料館に行ってみた


前回の記事の続きです

函館市北洋資料館

五稜郭の隣にある函館市北
洋資料館に入ってみました

北洋資料館行ってみた

五稜郭タワーから見たこの
建物が函館市北洋資料館

休館?

照明が点いていないように
見えてやっていないのかな
と思いましたがやってました

入場料

入場料は大人100円

缶詰

北洋と言ってもピンと
こない人がいると思い
ますが、この缶詰見た
らわかりますよね(笑)

ラベルコレクション

ラベルコレクション。見覚え
のあるデザインありますか?

豊漁

魚が無造作に置かれて
昔はこれほど獲れていた

ニチロの歴史

ニチロって日魯漁業という
社名だったと思います。現
在はマルハニチロですね

遠洋漁業の先駆け

遠洋漁業の先駆けだった

漁場

戦争前はこんな遠くまで魚を
捕りに出かけていたんですね

昔の位置計測

今はGPSがあるので現在地
が簡単にわかるが昔は苦労
していたのがよくわかります

北洋航海体験室

北洋航海体験室というものが
あり実際に筐体が揺れて航海
している雰囲気が味わえます

縄文時代の遺跡

この他にもいろいろな展示が

昔の漁具の紹介

昔の漁具の紹介かと思ったら

縄文時代の遺跡

縄文時代の遺跡の数々

開拓民前にこのような
歴史があったとは驚き

五稜郭見学もいいけど
こちらもどうでしょうか?

以上、どなたかのお役に立てれば

続きはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村
ペシッ!と一発お願いします(笑)

■函館市北洋資料館
■北海道函館市五稜郭町37-8
■TEL 0138-55-3455
地図
41.793870, 140.755879
(Google maps)
※座標は建物入口にリンクしています

| 北海道観光 | 12時40分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT